--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Thu.

デモ隊の残したもの

デモ隊強制排除から1日あけて迎えたバンコクの朝は、誰もが目を覆いたくなるような惨状となっています。アパッチ野球団メンバーが職場周辺で撮影した写真をご覧下さい。

CW
▲多くの観光客が訪れ、バンコク繁栄のシンボルとも言えるセントラルワールドの様子
心無い人の手により放火され、妨害により消火活動も十分に行えなかった為に建物の多くが焼失しています


デモ中心地
▲デモ隊だけが撤収され主張する人も歌う人も踊る人も居なくなったステージ

チャンネル3
▲こちらも放火の被害にあったチャンネル3

バンコクのあちこちで放火や強奪による被害が報告されています。デモ隊はいなくなりましたが、まだまだ先の見えない状況がしばらく続きそうです。皆さん、十分に気をつけてくださいね。

(写真協力 : Mr.カジー & たかしまん)


スポンサーサイト
20:20 | ロッカールーム | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑
Wed.

静寂の夜を迎えたバンコクで思うこと

今日のバンコクはデモ隊の強制排除、内戦さながらとも言える市街地での銃撃戦、デモ隊幹部の出頭、暴徒化した一部のメンバーによる強奪・放火、治安維持の為の夜間外出禁止令と大きく状況の変化した1日がようやく終わり夜を迎えました。

外出禁止令が出たとあって、日本人が多く住むスクンビット地域も普段では考えられない静寂さとなっています。行き交う車も人もなく、虫の鳴き声だけがビルの合間に響き渡っています。

今日の出来事はバンコクの街並みに大きな損害を残しただけでなく、タイ国民はもちろん、私達の様なタイで生活する日本人の心にも大きな傷痕を残していきました。

今夜の静けさがタイ国にとってより良い方向へ進む為の転換点となり、バンコクらしい喧騒と微笑みを1日でも早く取り戻してくれることを私達日本人も心から願っています。


20:16 | ロッカールーム | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。